医者と看護師

自己判断に注意する

女性

病気との境目

鬱病の初期症状は抑欝状態から始まります。しかし「プチ鬱」と言う言葉が象徴するように、誰しも精神的に落ち込む時期は存在していますので、それだけで病になったとは言えません。自身が鬱病になったかどうかチェックする指標を設けておくようにしましょう。例えばきちんとチェックしたいのが抑欝状態に陥っている期間の問題です。抑欝状態が二週間以上に渡っている場合は注意しましょう。他にも鬱病は精神的な問題が身体の不調を発症する事もある病です。食欲不振だけでなく吐き気や眩暈、記憶障害など様々な症状を引き起こします。このような状態が現れた場合、鬱病の初期症状である可能性がありますので病院へ行きましょう。鬱病のチェックシートはインターネットや本に数多く掲載されていますが、中には医学的裏づけのないチェックも存在していますので注意が必要です。チェックシートに数多く当てはまったからと言って鬱病にかかっていない方も存在しています。しかし鬱に該当する症状が自分の日常生活に支障をきたすようになった場合は即座に病院へ通うようにしましょう。もし軽度な症状で薬を飲む事になるのが嫌な場合、カウンセリングで症状を抑えてくれる心療内科や精神科も存在しているのです。心の病気は放置する事で悪化して行くケースも多いものです。少しでも気になる症状が現れた場合は早期に病院へ通いましょう。鬱病は完治可能な病ですから、それによって治る可能性や期間が早まるのです。仕事を続けていくためにも重要な配慮です。

病が生み出すもの

自身が鬱病にかかったかどうかをチェックする上で一番重要になるのが抑欝状態の問題です。鬱病の中には双極性障害や大うつ病などいくつかの種類が存在していますが、どのような病でも気分の落ち込みを伴うのが一般的です。鬱病における気分の落ち込みとは生きる気力が出ないだけでなく、物事に対する関心の喪失も挙げられます。大好きだった映画や趣味に心が動かなくなり、人生が平板に感じられる場合は注意しましょう。しかし中には逆に鬱にかかったせいで日常生活に苛立ちを感じるようになる方も存在しています。以前は気にならなかった軽度な問題に怒るようになったり、苛立ちがコントロールできない場合は気を付けるようにしましょう。他にもこうした病にかかった場合、性的な欲求の減退が見られます。人生万般に欲望や関心が動かされなくなるのが鬱病の特徴なのです。また鬱病によって身体的な問題が発生する場合があります。その多くがまず睡眠障害や食欲不振として現れます。身体が疲れているのに寝れない日が続いたり、体重が数キロ落ちているのに食事がとれない場合はすぐに病院へ通いましょう。例え精神的な問題にこうした原因がなかったとしても、こうした症状は身体の別の部分を壊してしまいますので医師に診てもらう必要があります。明確に身体的な症状が現れているのにそうした変化に関心が持てない場合は特に注意が必要です。これからの社会生活を維持するためにもまずは病院で適切な治療を受けるようにしましょう。薬を処方してもらえば症状は緩和されます。