医者と看護師

人それぞれの辛い症状

うつ向く人

どんな病気だと思いますか

鬱とは一口で説明するには難しいほどとても多くの症状があります。心の病気だと言われることが多いですが、実はストレスなどにより脳のエネルギーがうまく働かなくなってしまった状態などを指しており気の持ちようでどうにかなるという問題ではないのです。鬱という病気の症状は多岐にわたり、人によって症状の出方も違ってきますから心当たりがある場合はセルフチェックなどを行い、自分自身の状態をきちんと知っておく事も大切です。鬱は精神的な症状としては、楽しみや喜びを感じない事や常に気分が晴れない等といったことがあげられることが多いですが、実は体の不調も引き起こす病気です。例えば、過食や仮眠、ひどい倦怠感などがその一例です。心身ともにこのような体の不調が押し寄せてくるので鬱になった方は他人には理解できないような苦しみと戦っているのではないかと思います。これらの不調は放っておいても回復することはほとんどありません。自分自身の生活の中でどのような事をストレスと感じ、どのようなことを難しいと感じるのかチェックして知ることはとても大切です。自分自身が鬱であるということをなかなか受け入れられない方も多いかと思いますが、まずはセルフチェックを行い、心当たりがないかどうかを確認してみることが解決への第一歩です。その後、医療機関での診察の際にセルフチェックした際の内容もきちんと伝えることで診察や今後の治療方針を決めていくための参考材料になります。現代の日本では鬱率が上昇している傾向にあるにもかかわらず、人に打ち明けられる環境かといえば決してそうではありません。自分で自分を受け入れて適切な治療を受ける勇気が早期回復へと導いてくれます。

大切な行動は

大切な行動の一つは自分一人で悩まない事です。鬱の方の特徴として、まじめで責任感が強く優しい性格の人がなりやすいと言われています。このような方は、人に迷惑をかけたくないという思いや、自分の力が至らないだけだと自分を責めたり他人からの評価を気にしすぎてしまう傾向にあります。しかし鬱になった場合は、これらのストレスを受ける環境から一度遠ざかって適切な治療を受ける必要があります。ですので、自分で異変に気づいたら家族や、医師に打ち明けることが第一歩なのです。鬱は昔、心の病気と言われていましたが、現代の医学では鬱病の原因はストレスなどを起因として脳内の神経伝達物質の機能が低下して起こるということが科学的に立証されています。ですので自分自身の心や、力のなさを責めたりせずに投薬などの治療を受けしっかりと治療に専念する意思を持つことが大切です。そして体を休めることもとても大切です。生き物は、身体のダメージを受けた時にそれを修復しようという力を持っています。その力を最大限に引き出し、一日も早く回復の方向へと導くのは十分な休養が不可欠と言えます。日本人は働きすぎだとよく言われますが、鬱になったときは無理せず休職するという勇気が必要です。思い切って休職できずに、ダラダラと無理をした生活を続けていたのでは回復が遅れてしまい、病気に苦しむ日々が長くなってしまいます。会社員であれば病気で休職する際に傷病手当などがもらえるケースもありますので自分の会社の福利厚生などもきちんと把握したうえで適切な選択をされることがおすすめです。