メディカル

様々な精神病の原因

先生

鬱病を個人でチェックする事ができるサイトの活用方法について簡単にまとめています。個人でも鬱病がホームページ上において簡単にチェックする事ができるようになりました。こうしたサイトを活用して鬱病の予防やチェックに役立てる時には、知っておきたいポイントがあります。

Read More...

自己判断に注意する

女性

鬱病にかかっているかどうかはチェックシートで確認する事ができますが、医学的裏づけのないチェックには注意が必要です。気になる症状が現れている場合、まずは病院へ行きましょう。鬱病にかかった場合、気分が落ち込むだけでなく日常生活への関心が薄れます。

Read More...

人それぞれの辛い症状

うつ向く人

鬱は誰でもなる可能性がある、とても身近な病気です。しかし日本ではまだ鬱に対する偏見があるという事も事実です。もしかしたら明日自分が鬱になってもおかしくはないという時代である事をきちんと理解し、日頃からセルフチェックを行い、理解を深めることがとても大切です。

Read More...

心の負担の診断

相談

診断の際の注意

心の病を抱える人が増えるにつれ、インターネットや書籍において簡単に鬱病をはじめとする心の病の自己診断が可能となりました。特に鬱病のチェックは関心を持つ人が多く、診断の精度を上げる工夫を知ることで更に鬱病チェックをうまく利用できます。鬱病チェックにおいて重要なポイントは、症状が慢性的に続いているかどうかの判断が必要ということです。鬱病チェックの項目には、主に「眠れないことがある」や「不安や悩みごとが頭の中にずっとある」などが掲げられています。しかし、短期的に眠れないことは誰にでもありますし、何かはっきりとした不安の原因があれば、そのことばかりを考えてしまうことも仕方ありません。大事なのは、それが何週間も続いているかということです。逆に、明らかに数週間も続いている該当項目があれば、早めに心療内科を受診した方が良いと言えます。鬱病は様々な症状があるので、同じ病名でも一人一人が異なる症状を示します。そのため、一般論に流されず、医師のアドバイスを早めに受けて正しい治療を行うことが必要です。鬱病チェックはとても身近な存在になっているので、「慢性的かどうか」ということに注目して正しく活用し、病が潜んでいる場合は早期発見と早期治療を実現し、特に問題ない場合は病気かどうかを悩む必要がなくなりますので、不安のない日々を過ごすことが可能になります。また、自己診断を通して鬱病の知識を深めることもできますので、正しい情報を得るという意味でもチェックは役に立ちます。

自己診断が人気の理由

鬱病のセルフ・チェックのサイト等は非常に多く存在しますが、その背景には心療内科の受診の敷居の高さと実際の患者数の増加が理由として存在します。心療内科は最近、心の病がメディアなどでクローズアップされるようになることで、病院の数も増えてきましたが、以前は数自体それほどなく、入院病棟を備えた大きな病院での治療が主でした。そのため、心療内科の受診に抵抗を感じる人は多いのですが、チェックサイトでは心療内科の受診の敷居を下げてくれますし、心療内科・精神疾患に対する意識も高まり、正しい認識を持つことができます。自分自身に関わりがあるかもしれない鬱病の正確な情報を得たいという気持ちも、セルフ・チェックの人気さを高めています。また、鬱病の患者はここ十数年を見てもとても増加しており、実際に通院している方が周囲にいることも珍しくなく、「鬱病」という病名、病気への関心が日本全体で高まっていることも、自己診断サイトや書籍が流行している背景にあります。自分自身が症状を抱えているかもしれませんし、家族や職場の人などが変わった様子であればそれに気づくこともできます。その結果、早期の治療で鬱病でも日常生活が問題なくこなせるレベルに抑えることが可能となります。鬱病のチェックは、そういった予防・早期発見・再発防止などの役割も担っており、人々に活用されているとも言えます。以上のように、鬱病のセルフ・チェックサイトなどは人気であり、正しい知識を持ってうまく活用することが求められています。